【ダイエット】カフェインが実は美容に良いって話。

香り
スポンサーリンク

暑い夏はアイスコーヒー飲みたいし冬はホットコーヒーが飲みたくなりますよね〜〜

眠気覚ましにもってこいのコーヒー、良い噂も悪い噂もあって何が本当なの?って惑わされがちです。

エステティシャン目線でカフェイン摂取のメリット・デメリットをまとめました♩

 

スポンサーリンク

カフェイン摂取のメリット

 

コーヒーを1日に1〜4杯ほどで摂取することのメリットは

 

・眠気覚ましになる

・消化作用の促進

・酸化防止

・ダイエット効果

 

こんなにあるんです♩

カフェインは胃液の分泌を促進してくれるので、消化のお手伝いをしてくれます。

食後のコーヒーとはここから来ているのでしょうか^^

 

また、カフェインには抗酸化作用もあります。

抗酸化作用が働くことによって老化や動脈硬化を抑えてくれることも♡

 

さらには脂肪燃焼効果もあるので、有酸素運動前にコーヒーを飲むのも効果抜群みたいですね。

こんなにメリットがあったら飲まない手はありません!

 

ですが1日に飲み過ぎるとこんなこわ〜い作用が・・・

 

カフェイン過剰摂取のデメリット

 

カフェインのデメリットと言っても、これはコーヒーなどを飲み過ぎた場合です。

(ここでのコーヒーの飲み過ぎとは、1日あたりコーヒーカップなら6杯まで、マグカップなら3杯までを指しています。また、授乳中の方や妊婦さんはマグカップ1.5杯までに抑えることをおすすめしています。

飲み過ぎなければ特に心配する必要はないでしょう^^*

デメリット①:眠れなくなる

これはカフェインの効果として最もメジャーです。

上手に使えばメリットになり得ますが、カフェインの摂りすぎは睡眠不足の原因になり、肌荒れやクマ・自律神経の乱れを引き起こす原因になりかねません。

デメリット②:自律神経の乱れを引き起こす

カフェインの過剰摂取で覚醒作用が強まることにより、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経が乱れると

 

・頭痛

・目眩

・吐き気

・胃もたれ

・食欲不振

・下痢

・手足の冷え 

 

他にも様々な症状が起こることがあります。

 

このような症状を引き起こすことは、健康面でも美容面でも悪いことしかありません。

ご自身の体調としっかり向き合うことも大切ですね。

 

まとめ

 

今回はみんなだいすきコーヒー/カフェインについてまとめましたがいかがでしたでしょうか♩

飲み過ぎてたも( ;∀;)ってなった方、今日から飲む量を見直していきましょう!

コーヒーはなるべくホットで飲むのがおすすめです。

 

過剰摂取にならないように気をつけてカフェインとは程よく付き合っていきましょう♩

コメント

タイトルとURLをコピーしました